ゲストも参加できる!楽しい結婚式の演出

ウエディングケーキがもっと美味しくなる

昔はケーキカット用の部分だけが本物のイミテーションケーキが主流でしたが、現在ではすべて食べられる生ケーキが選ばれることが増えています。ウエディングケーキの性質が大きく変化することで、披露宴用の演出としてこれを利用することが広まりました。新郎新婦がお互いにケーキを食べさせ合うファーストバイトなどが有名ですが、招待客を巻き込む演出に使うならラッキードラジェがおすすめです。披露宴のデザートとして振る舞われるケーキの中にドラジェと呼ばれるアーモンドのお菓子を仕込んでおき、当たっている人にプレゼントを贈ったり、ゲストを代表してスピーチなどをしてもらいます。複数のケーキにドラジェを入れても構いません。これなら老若男女誰でも参加できるので、誰でも楽しめます。


ブーケトスだと恥ずかしい人にも

挙式の最後に花嫁が投げるブーケをキャッチした未婚の女性が、次に結婚式を迎える花嫁になるという言い伝えがあるブーケトスですが、実際にやろうとすると色々制約があります。年齢的に未婚であることを他のゲストに知られたくないという女性が多い場合は、ブーケトスの参加者が十分集まらない可能性も考えなくてはいけません。ブーケの素材によく用いられるプリザーブドフラワーも、投げる時に頭部に当たると危険です。でも披露宴で行うブーケプルズなら、ブーケと直接つながっているリボンを誰が当てるかという演出なので安全性も高く、ブーケトスと比べると参加に抵抗感がないという特徴があります。外れの人用にも幸運を招くチャームをつけておくといいでしょう。