子どもも楽しめる結婚式の演出が知りたい!

結婚式で退屈しないように重要な役を担当してもらおう

結婚式に招待するゲストの中には、家族連れでやってくる人もいます。大人と違って子供の視点から考えてみると、自分のよく知らない人たちがたくさん集まる結婚式はなんとなく退屈しがちです。子供を退屈させずに、一緒に結婚式を楽しみながら思い出を作ってもらいたいなら、リングボーイやリングガールの役をお願いしてみてはいかがでしょうか。リングボーイたちは、結婚指輪が乗せられているリングピローを新婦の元まで運んでいく重要なポジションです。ドレスアップした小さな子供がリングピローを運びながら入場する姿は、ゲストの視線を一身に集めるので、当日の主役の一人になることができます。花冠や天使の羽などの小道具も用意しておきましょう。


シャワー系の演出を盛り込んでみる

挙式が終わった後に、退場する新郎新婦にゲストたちがお米や花びらを投げる演出は昔から行われてきました。このうち、子孫繁栄などを願う意味を込めてお米を降り注ぐ演出がライスシャワーです。結婚式にぴったりの演出ではあるものの、お米が身体に当たると痛いことと後始末が大変なことから、今ではこれの代わりにいろいろなものをシャワー用の小道具として使うようになりました。子供でも参加しやすいですし、退場時に新郎新婦の先頭に立つ役を担当してもらうこともできます。その季節ごとの花びらや空中でふわふわと舞い散る羽毛など、好みのアイテムを選んでみましょう。教会側が片付けが大変だという理由でこのタイプの演出が出来ない場合は、ハンドベルを鳴らすだけのベルシャワーもあります。