人前式とキリスト教式の違いって?

自由に選べる結婚式スタイル

結婚式、二人の人生が始まる大切な儀式の一つです。多くの方が是非特別な式にしたいと思う事でしょう。ですが式にはどんなスタイルがあるのか、まずはそれを知らなくてはいけません。結婚式には大きく分けて三つのスタイルがあります。それはキリスト教式と神前式、そして人前式です。日本では特に信仰している宗教が無い限り、基本的に自由に選ぶ事ができます。そして式はその選んだスタイルに合わせて進行していきます。もちろんその宗教の信徒になる必要はありませんし、二人の意思で自由に選ぶ事ができます。洋風で行きたいのか和風で行きたいのか、はたまた自由なスタイルで行いたいのか等、自分たちの好みのスタイルに合わせて良いのです。もちろん二つの式を組み合わせる事もできます。


人前式とキリスト教式

それでは特に人前式とキリスト教式の違いを説明します。まずは分かりやすいキリスト教式、こちらは結婚式と言えば思い浮かべる教会で行われます。新婦は純白のウエディングドレスを、新郎はタキシードを着て執り行われます。教会のバージンロードを歩き、祭壇で指輪の交換と誓いのキスを交わします。そしてゲストから祝福を受ける、これが大まかな流れです。大切なのは「神様」に誓いを立てると言う点です。対して人前式の方はと言うと、こちらは自由なスタイルで行うことができます。宗教も形式もありません。もちろんウエディングドレスを着ても良いですし、パーティードレスや和装で行う事もできます。場所も自由に選ぶ事ができるのです。そしてキリスト教式では「神様」に誓いを立てましたが、こちらは「ゲスト」に対して誓いを立てると言う違いがあります。